杉田だけどりりー(Lily)

妊娠初期(妊娠前1ヶ月~妊娠3ヶ月ごろ)の妊婦さんにとって、最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?胎内の赤ちゃんがより健やかに成長するようにも、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸が不足しないように注意すると良いでしょう。

厚生労働省が発表した、理想的な摂取値は1日0.4mgをきちんと摂取することが求められていますね。

野菜だけで十分に摂取できるかというと、あまり現実的ではありません。

ですから葉酸サプリを利用することをお勧めします。

仲良くしている友人が妊活していた頃の話だったと思いますが、よく漢方を飲んでいたと思います。

その子によると、漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。

妊娠中は薬が飲めないと聞いていましたが、漢方なら安心できますね。

その漢方のおかげなのか、彼女は無事に赤ちゃんを授かりました。

ずっと頑張っていたので、本当によかったと、私も嬉しく思っています。

大きくなってきたお腹を見ると、最近まで不妊治療に通っていたのが嘘のようです。

疑いはじめたのは結婚3周年を迎える前でした。

タイミングがわかるよう基礎体温アプリを使ってみましたが、妊娠しなくて、こればかりは神様次第かなと思いました。

でも、親戚に子供ができたことを聞かされたりすると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。

病院で検査を受けているときまでは不安でしたが、多嚢胞性卵巣症候群というのがわかり、排卵誘発剤の服用を始めると、そう時間をおかず妊娠することができました。

薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。

妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。

ですから、調理法に注意点がありますので、葉酸を食事から摂ろうと思っている方は、ぜひご一読ください。

それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。

葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。

とはいえ、加熱しなければいけない場合、短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、サッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。

こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリを活用すれば良いでしょう。

妊娠というと、必ず葉酸の名前が挙がるので勘違いしてしまう方も居るかもしれませんが、必ずしも、葉酸だけを摂れば胎児が健康的に育つのかというと、そうではないですね。

葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。

ですから、サプリを選ぶ際のポイントとしては、妊婦にとって不可欠な栄養素である、ビタミンやミネラルなどが複数入ったサプリがお勧めです。

具体的に言うと、ミネラルやビタミンが25種類ほど含んだサプリにすれば、必要な成分を適切に補うことが出来るという訳です。

このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、いま、赤ちゃんが欲しいと妊活をされている場合も今から飲んでおくと安心です。

冷え性は不妊を招くと言われています。

冷え性を放っておくと血液の循環が悪くなり、栄養不良に代謝不良が重なって、排卵障害や子宮の機能が低下して妊娠しづらくなるのです。

最近、冷え性の緩和にお灸が脚光を浴びています。

血液の循環を良くして新陳代謝を促し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。

赤ちゃんを迎えるには子宮を温めることが大切です。

不妊の原因と対策を考えるとき無視してはならないのはストレスです。

体内のホルモンバランスを崩すだけでなく、ストレスは不妊症の様々な要因のスイッチ役となるからです。

また、周囲の期待感や気遣い、焦りといった感情が不妊治療中のストレスとなるパターンもあって、一度、負のサイクルに陥ると気苦労ばかりで、良いことはありません。

神経質にならないよう周囲や本人が気分転換することが、赤ちゃんを授かるためには良いことだと思います。

今、二人子供がいます。

二人目の子にむけて妊活をしていた時の話ですが、本を買って「産み分け」について学びました。

上の子が男の子でしたし、女の子が欲しいと主人と話していたからです。

排卵日の特定や時期の調節など、あくまで自分の出来る範囲でですが、産み分けにチャレンジしたという訳です。

妊娠が発覚した後、赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは少し心配もしましたが、赤ちゃんが女の子でしたから、主人もとっても喜んでいました。

産み分けのおかげだと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です