妊娠時には様々な栄養素が不足します

妊娠前から妊娠3ヶ月の妊娠初期において、葉酸の摂取が重要であると厚生労働省が発表しています。

ところで、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が必要ないのでしょうか。

実際にはそうではないのです。

葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを減少させるという有効性に限った話では、妊娠3ヶ月までの期間が注意が必要な期間ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。

葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。

ですが、妊娠中には葉酸以外にも様々な栄養素が不足しがちです。

また、妊娠時には様々な栄養素が不足しますし、葉酸それだけの摂取では吸収率が悪くなってしまいます。

サプリによる葉酸摂取を考えている方は、葉酸以外の栄養素が25種類ほど配合したサプリを選べば、栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。

このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、妊娠を希望している方は、早めの摂取を心がけてください。

いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。

不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。

基礎体温はつけていたんですけど、授かることができず、同年代のご夫婦が子供を連れてる姿を見るたびに、やりきれない気分でした。

クリニックで検査の末、多嚢胞性卵巣症候群と言われ、担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことに三周期目で赤ちゃんを授かることができました。

悩んでストレスを貯めるより早々に受診したほうが、体にも良いと思います。

葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊婦への積極的な摂取が求められています。

サンプルの葉酸サプリを配布している産婦人科もあるようです。

しかし葉酸の有効性はここ最近注目を浴びたものですので、妊娠中に葉酸を摂っていなかったと不安に思っている方も少なくはないと思います。

万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、葉酸は自然の食品にも含有しています。

例えばホウレンソウなどの野菜やお肉にも多く含まれているんです。

ですから、食事によっても、葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。

妊婦さんや、妊活中の女性に一度は試して頂きたいのが、妊婦や赤ちゃんをサポートする製品で有名なピジョン株式会社の葉酸サプリです。

こちらの葉酸サプリはいくつかタイプがあり、それぞれの成分が異なっています。

殆どの葉酸サプリに鉄分をプラスしたものや、カルシウムがプラスされたものなど、それぞれに特徴があります。

どれも妊婦にとって不足しがちな栄養素ですし、こうした成分がまとめて一錠にまとめて詰め込まれています。

複数のサプリを飲む必要が無いので、お手軽に不足しがちな栄養素を補給できてうれしいですよね。

ご自身の食生活や状況に合わせて、不足しがちな成分が含有したサプリを選んでください。

葉酸とは野菜などに含まれているビタミンBのひとつで、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を下げてくれるとの研究成果が出ています。

厚生労働省が推奨する葉酸の摂取量ですが、妊娠初期の場合は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際に食事だけでまかなおうとするのはなかなか大変なようです。

そのような場合はサプリメントを活用するのも問題ありません。

妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では葉酸摂取による効果が認められるようになってきました。

葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

適切に摂取を続けることで、胎児の先天的障害の発症を抑える可能性があります。

この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。

この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、葉酸を摂った方が良いと思います。

葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。

葉酸を普段の食生活で葉酸を補おうと考え、葉酸を多く含んでいるほうれん草などの葉物野菜あるいは貝類、レバーなどの代表的な葉酸食品を、意識的に摂っている人が大勢居ます。

ところが、葉酸は加熱すると溶け出してしまう性質を持っています。

そのため調理の際の加熱によって熱や水によって、食材から葉酸が失われてしまっているなんて事もあります。

一日の葉酸の摂取量を、食材から計算したとしても、不十分かもしれませんので、気を付けてください。

http://xn--pcmax-xt7h956d5qai35d8loyo4g.xyz/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です